2月24日(日)神奈川樂会 ご報告

文/平川晋一

2月24日(日)の神奈川樂会は、昨年より継続開催している「ヒーリング・アーツ基礎講座」でした。

今回のテーマは「ストレス・マネージメント」。

私たちの誰もが直面せざるを得ない様々なストレスに対して、身体的にどのように対処していけば良いのかについて、様々なヒーリング・メソッドを実践しながら参加者とともに稽古していきました。

 

 ⭐️ストレスと密接な相関関係にある身体のツボ「労宮」。

この掌の中心にあるヒーリング・ポイントを意識化することがストレス・マネージメントの第一歩です。

 

⭐️開かれた手で触れ合い、凝集・拡散の波を響き合わせる<手合わせ>。

受け手は相手から伝わってくる作用を自然に受け入れていきます。

 

⭐️開かれた両掌で相手の両肩とヒーリング・タッチ。

柔らかく繊細なヒーリング波紋が相手の身体に浸透して、被術者は崩れ落ちていきます。

 

 ⭐️手の中心「労宮」と自らヒーリング・タッチ。

胸の奥深くから生じてくるヒーリングの作用が、施術者の上半身と触れ合っていた人たちにも伝わっていきます。

 

⭐️眼球と柔らかく触れ合い、ヒーリング・タッチ。

パソコンや携帯画面を長時間見続け目を酷使している現代人にとって、眼球に働きかけるヒーリング・メソッドは疲労回復やストレスの解消に極めて有効な手段です。

 

この他にも熱鍼器[ねっしんき]を用いた施術などの様々なヒーリング・メソッドを実践することにより、心身が調律され、参加者とともに大いに癒されていきました。

参加者の皆様、ありがとうございました。

次回の神奈川樂会は3月31日(日)に開催いたします。お楽しみに!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です